なぁはてぶ

世の中の変革の時に、自分自身も変革したいと切望するだけのブログ。

20200517

1

ねむいです。寝て起きたら月曜日で、また出勤の日々が始まってしまいます。もはや私がコロナに巻き込まれれば、いろいろ変わるんだろうなとか思い始めています。

2

別に誰が政治的な発言をしようが、私は構わないと思っていますけれど、特に表舞台に出る機会が多い方だと、今後もことあるごとに政治的発言を求められるであろうことは、考慮した方が良いでしょうね。そして、自分の実力とかでなくて、思想面で選ばれる・選ばれないが起きるかもしれないことは、覚悟した方がいいでしょうね。

これから徐々に自由に発言できるようになるのでしょうけれど、それは今後の話であって今ではないと思うので。それに、発言の機会が増えることは良いことなのでしょうけれど、逆によく勉強した上での発言でないといけないと思います。それは、その発言を受け止める我々も同じことですけれど。

それにしても、なぜこの期に及んで急に検察組織に興味を持ったのでしょう。不思議です。

ちなみに、怒っている人の脳は暇なのだそうです。
脳内科医・加藤俊徳先生「怒っている人の脳は暇なんです」【怒り09】

20200515

1

久しぶりです。今日はこちらで。
なぜかというと、iPad用のMagic Keyboardが来まして、いろいろ試すためです。
とても打ちやすいです。11インチなので、キーの大きさとかがちょっと違うので、慣れが必要そうですが、打ち心地はとてもいいです。
これ自体は言われているように結構重いですが、持ち歩きを前提にしなければとてもいいものです。
31,800円(税別)をどう見るかですが、私自身以前PCを自作していた時に高級キーボードを使っていて、結構打ち心地とかこだわるタイプなので、確かに高いですが、出す価値はあるかなと思いました。

2

ここ最近ようやく落ち着いてきたようで、宣言も一部で解除されたりして、何だかもうこれで日常に戻るくらいの勢いですけれど、実際にはこれからがむしろ大変なのではないかなと思っています。これからまた動き出せる所と、長い期間動き出せない所の差が大きくなって、さらなる分断も起きそうな気がしています。人それぞれ状況が違いすぎて、「みんなで頑張ろう」も空虚に聞こえてくるし、それこそ「そう言うお前さんは何を頑張ってるんだ」って思うし、心の余裕をと思ってもなかなか厳しい状況ですね。

特にライブとかイベントは難しいでしょうね。密集は避けられないですし、それこそ年単位で開催できない状況もありうると思っています。北海道の最初のクラスターも展示会でしたし。

3

私に関しては、仕事はGW前は間引き出勤になりましたけど、今週は時短とはいえ5日出勤でした。通勤時の3密はすごく気にしているようですが、職場内の3密はあまり気にしていない雰囲気ですし、テレワークなんてどこ吹く風です。プライバシー保護のため社名は言いませんが、こんな会社来ない方がいいですよw

20200108

2020年1月8日(水) 雨のち晴れ

1

ねむい。

2

そういえばこれ、以前は手書きして写真をアップしていたけれど、あまり意味がないなと思ったのと、ここを放置し続けるのもアレなので、今年はここで書いていくようにする。

3

白石麻衣は卒業し、こぶしファクトリーは解散する。こうしていずれみんな私を置いて行ってしまうんだ。風と共にゴーン(gone)。

20200107

2020年1月7日(火) くもり

1

いつの間にか2020年が始まって、早くも1週間終わっていて、もはやこのまま2021年になるのではないかと思う。

2

今年は言いたいことを言い、やりたいことをやりたい。一番の目標は、言うことを我慢しない。言ってどうこうなるものでもないけれど、そう考える癖を直す。残念ながらこれからは言ったもん勝ちな世の中になりそうなので。

3

効率を求めすぎて、余裕がなくなって、それゆえの問題がそこかしこで起きているような感じしかしない。渋滞も車間距離を取らないことが原因の一つなのだし。世界的にいよいよ停滞、逆回転していくんじゃないかな。

4

アイドル界隈も、界隈の盛り上がりとしてはもはや下降線かなと思っている。実際グループ多すぎるし、過当競争かな。その中で全体的に物販単価がインフレし始めてるの、スタグフレーションにならなければいいけれど。

経済全体では健全な意味では全くインフレしてないのに、モノの価格がいろいろな思惑を伴ってなぜか上がっていっているの、結局苦しむのは私みたいな下級民なんだなって思った。

お知らせ

日頃より永月佑季に厚意をくださり、誠にありがとうございます。

この度、永月佑季は、一身上の都合により、誠に不本意ではありますが、活動を制限させていただくことになりました。

皆様には突然のご報告となりましたこと、また多大なるご迷惑をおかけしますこと、大変申し訳ありません。

今後とも永月佑季をよろしくお願いいたします。

 

休止期間

令和元年7月16日から、令和元年9月中旬まで(予定)

 

休止内容

令和元年7月11日までにすでに確定しているもの(下記「例外とする日」参照)以外のすべて

 

例外とする日

7/19, 20, 29

8/5, 10, 12, 23, 30, 31

9/8, 11, 16

 

以上

相対価値

「人は生きているだけで価値がある」という言説に不足しているのは、「相対的無価値」だと思っている。

価値というものは、持てるものと持たざるものがあるからこそ価値として意味を持つものであって、誰しもが持っているものは価値としての役割を果たしていない。

人間は常に他者と比較してのみ価値としての意味を見出すものであって、そうした観点からすれば、「人は生きているだけで価値がある」という言説は、少なくとも現在生存している人に対しては意味を成さない。

金持ちに憧れるのも、「失って初めて気付く」のも、まさに人が如何に「相対価値」をもって意味を見出しているかを象徴している。

エスカレーター

エスカレーターの右側を歩いていくのを止められないのは、エスカレーターの右側を歩いていく人のニーズを汲み取れてないからなんだろうなと思う。

今のスタイルだと、階段を上り下りするのがしんどいって時にエスカレーターに乗って行きたいというニーズと、何をしてでも1秒でも早く上り下りしたいというニーズの両方を満たしている。でも、今やっている「止まって乗ろう」だと、前者のニーズはそのまま満たされるけど、後者のニーズが捨てられてしまっている。

例えば普通のエスカレーターと「すごく速い」エスカレーターを用意したら、きっとみんな止まるんじゃないかな。

知らんけど。